メリ子のニューヨーク生活

元丸の内OLのメリ子がニューヨークから情報発信!アメリカ生活、旅行、趣味の話など。

アメリカで極上ステーキ肉をお取り寄せ!CreekstoneのUSプライムビーフ

お取り寄せしたステーキ

前回のコーヒー豆編に続き、お取り寄せグルメ第二弾はCreekstone FarmsのUSDAプライムストリップステーキです!

コーヒー豆編はこちら⇩⇩
アメリカでお取り寄せ!ブルックリン人気カフェ「Partners Coffee」のコーヒー豆 - メリ子のニューヨーク生活

ステイホーム中はステーキ屋さんに行けないので、アメリカで美味しいと評判のお肉のブランド「Creekstone Farms(クリークストーンファームズ)」のステーキ肉をお取り寄せしました。

これがもう本当に美味しくて、もうステーキ屋さんに行かなくていいかもと思える程♡

今日はアメリカで美味しいステーキ肉をお取り寄せしたレポをアメリカのお肉事情と共にお届けします。

お取り寄せしたお肉

こちらのCreekstone FarmsのNatural Prime Boneless Strip Steak!!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Creekstone Farms(@creekstone_farms)がシェアした投稿 -

いつ見ても美味しそう・・・

”お肉の王様”ブラックアンガスビーフの適度にサシも入ったストリップステーキです。

Creekstone Farms Natural Prime Boneless Strip Steaks (Six 12 oz. steaks)  

USDA Primeって何?

 ”Prime(プライム)”はUSDA(アメリカ農務省)が定めた牛肉のグレードの最上級。

上位3%のお肉しかPrimeになれません。Primeの下に、Choice(チョイス),Select(セレクト)と続きます。

アメリカ牛肉のUSDAグレード図

画像:AmazingRibs.com

Stripってどこの部位?

”Strip”は日本でいうサーロイン。アメリカでこの部位はNew York Steakと呼ばれることも。サシが適度に入った部位ですね。

アメリカと日本はお肉の部位の名前が違うので、お肉の買い物は一苦労。

いつもこちらの米国食肉輸出連合会のHPを参考にしています!
アメリカン・ビーフの部位 | 格付け・部位 | データベース | 米国食肉輸出連合会  

プライムでストリップだったらどのお肉でも良かったわけではなく、こだわってCreekstone Farmsのお肉を買っています。

Creekstone Farmsとは

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Creekstone Farms(@creekstone_farms)がシェアした投稿 -

アメリカ・カンザス州の牛肉を生産&加工・販売する会社です。

Creekstoneのお肉はアメリカ最高峰のビーフと呼ばれ、お肉好きの人で知らない人はいない程。

アメリカ中の有名レストランにも卸しています。
Creekstoneの牛肉を使っている全米主要都市のレストランリスト 

例えばニューヨークではPorter House、Babbo、Del Postoなどの一流ステーキハウスとレストランが名を連ねていますね!

その他にも有名セレブシェフGeoffrey Zakarianが自宅でステーキを作る時はCreekstoneのお肉を使っているのを明かしたり(動画 )、権威あるフードライターが密着取材をしたり(動画 )と、その道のプロからも一目置かれるブランドです。

私がCreekstoneを知ったのは、お肉が美味しいことで有名なスーパーで見つけて、買ってみたのがきっかけ。

食べてみると、その辺のスーパーのお肉とは美味しさが格段に違ってびっくり。

美味しいお肉が食べたい時や、BBQの時には必ず買っています!しかもそんなに高くないのが◎

Creekstoneのお肉の何がそんなに特別と言われているかというと、とにかくお肉へのこだわりがすごいんです。

Creekstoneの牛肉がアメリカ最高峰と言われる理由


Creekstone Farms Natural Prime Filet Mignon Steaks

① 選りすぐりの100%アメリカ産ブラックアンガス牛

100%アメリカ産の本物のブラックアンガスにこだわり、担当者が直接牛を見て1頭1頭選んでいます。

なんと、Creekstoneの基準にマッチして選ばれるブラックアンガス牛は100頭に1頭だけ!

ブラックアンガスは赤身の王様と呼ばれるほど、柔らかい肉質と濃い味が特徴で「肉!!!」という味わいです。

② USDA認証&non GMO認証を取得

ホルモン剤は一切使用せず、牧草とコーンがメインの高品質の穀物で育てられたブラックアンガス牛は審査の厳しいUSDA(アメリカ農務省)認証を取得しています。

また、お肉ではとても珍しいnon GMO(非遺伝子組み換え)も取得。牛自体の遺伝子だけでなく、牛が食べる穀物もNon-GMO。安心して食べられる食品の証です。 

③牛に優しいHumane Animal Treatment

「動物を人間と同じように大切に扱う」という意味の”Humane Animal Treatment”をCreekstoneでは徹底。

そうすることで、より美味しいお肉になるそう。(人道的扱いは全て美味しく食べるためというのもなんだか複雑ですが。笑)

また、牛のストレスを最小限にするため、施設の設計を動物学者の世界的権威テンプル・グランディン博士が行っています。テンプル・グランディン - Wikipedia  

美味しいお肉が家に届くまでレポ

注文

Creekstoneのオンラインサイト  Amazon  から買うことができます。

※私の購入時(2020年5月頭)は100ドル以上で送料無料、それ以下は送料15ドルでしたが、今(2020年5月18日)は150ドル以上が無料のようです。

ステーキカットされているお肉は、 Filet Mignon(フィレ)、Strip(ストリップ)、Flank(フランク)、Ribeye(リブアイ )など色んな部位が揃っています。カットされてないかたまり肉やひき肉もありますよ!

左がフィレで右がリブアイ。美味しそう♡

 

お肉を選ぶと、一切れあたりの大きさと枚数が選べます。

ナチュラルプライムサーロイン

クリークストーン注文画面、サーロインの大きさと枚数

画像:Creekstone Farms

12oz(約340g)より16oz(約450g)、6枚よりも12枚がお得な価格設定になっていますね!

冷凍庫のキャパもあるので16ozを6枚に決定。計2.7キロのお肉で合計144ドルです。

1切れ24ドル、100gあたり500円ちょっとの計算になります。USDAプライムサーロインはCostocoでも16ozで22ドル程なので、この値段はお得です◎

到着

5月2日に注文して4日に発送の通知、8日に届きました!!

想像以上に大きな段ボール。冷蔵で配送されてきました。

クリークストーンの到着した段ボール箱

段ボールを開けると中に発泡スチロールのクーラーボックス。冷たいです。

クリークストーン:段ボールを開封

中身には更に小さな箱と、大きな保冷剤が4つ。保冷剤はまだ冷凍状態でした。

クリークストーン:発砲スチロールの箱を開封

ようやく出てきたお肉!!ちゃんと冷凍状態が保たれています。

クリークストーン:ステーキ肉6枚

厚さ3センチ、横幅は20センチ程の立派なサーロインが個別にパックされています。

これはステーキにして食べるのが楽しみ!! 

まとめ

アメリカのスーパーに普通に売られているお肉は産地などが書いてありません。食の安全性という意味でもCreekstoneのお肉は安心して食べることができますね◎

Creekstoneのお肉があるステーキハウスや、お料理好きの方はご自宅で、ぜひ試してみてください!

最近知ったのですが、Creekstoneは2017年に日本の総合商社・丸紅が買収して、アメリカ国内だけでなく中国の富裕層や日本への輸出も行っているそうです。

ステーキは写真みたく上手に家で焼けるはずない!と思っていたのですが、ある方法でステーキハウスのようなステーキを焼くことに成功しました。

その記事は👇 今回注文したお肉を使っています!!

www.mericony.com